医師としての非常勤とは

時給制で働くということ

医師の働き方というのは、実は多種多用です。良く知られている医師の姿というのは常勤で働いているものですが、非常勤として従事している医師も少なくありません。
もちろん、常勤の医師と比べると福利厚生などの充実度はぐっと低くなりますが、そもそも時給が高いので生活に困ることはありません。医師免許を持っているというだけで、普通の人では絶対に無理な金額の時給を貰うことが出来てしまうのです。ただし、福利厚生がない分きちんと自分で貯金をしておくことが重要です。
また、他の利点としては、ムダな残業がないので自分の時間を大切にすることが出来るという点があります。子育て中の医師や体力に自信がない医師にとっては、良い働き方だと言えるでしょう。

どのような仕事内容なのか

医師が非常勤として働く場合、実にさまざまな内容の仕事が待っています。あまりにも種類が多いので、選びきれないくらいです。
例えば、インフルエンザが流行する時期だけ各地の病院で働く、定時に帰れることが多い健康診断の場で働く、夜中の病床管理や救急対応だけ行う…などがあります。また、週に何度か地方の病院に行き、外来患者の対応をするという働き方もあります。医師が不足している地域などで仕事に従事すれば、都会よりも高い時給を貰えることもあります。
自分に合う職場を見つける場合には、医師専門の求人サイトをチェックしたり、自分がお世話になっている医局に相談に行くなど、さまざまな方法を採ると良いでしょう。仕事はいくらでもあります。