医師としての採用手順

医師の採用の手順を調べてみよう

医師の転職活動を進めるうえで、医療機関の採用手順に注目をすることがとても大切です。
例えば、大学病院や公立病院などの規模の大きな医療機関においては、書類選考や面接などの選考が行われることがあり、一般企業とそれほど変わりがないことが特徴です。
一方、小規模の病院やクリニックなどでは、院長との面接だけで採否が決まることが良くあるため、診療方針や診療科目、仕事内容などを考慮しながら求人募集に応募をすることがおすすめです。
なお、大学病院や研究機関などで優秀な成果を上げた医師に関しては、ヘッドハンティングの対象者として選ばれることもあり、在職中から興味のある医療機関の担当者とコンタクトを取ることで、スムーズに内定を得ることも可能です。

医師の転職の採用試験に備えるには

転職を希望する医師の数は年々増加の傾向にありますが、待遇の良い職場で働くために、時間を掛けて採用試験の対策を立てることが重要です。
特に、応募者の数が多い医療機関の採用試験においては、複数回にわたる選考が行われることがあるため、採用担当者に過去の経歴や能力の高さについて積極的にアピールをすることが大事です。
また、医師の中途採用の試験の応募条件に関しては、各医療機関の診療科目や業務の内容、役職などによって大きな差が出ることも珍しくありません。
そこで、各自の実務経験に合った転職先を選ぶにあたって、早いうちから各地の医療機関の採用担当者が集まる採用説明会やセミナーなどに積極的に足を運ぶことが効果的です。